【速報】童貞禁止法案成立!満25歳以上の童貞は強制筆下ろしへ!!

img_29d992e26d7b2b3a502b67f0d87d36c7203786 社会からみた恋愛と結婚

240829sanin-saiketu

202X年、政府は少子化対策の一環として満25歳以上の童貞に対して強制的に筆下ろしを実行する少子化対策法案、いわゆる「童貞禁止法案」を与野党全会一致で可決成立させた。

政府はこの「童貞禁止法案」を抜本的な少子化対策の柱と位置づけており、年内にも繁殖能力の高い満25歳に近い童貞を中心に強制的に筆下ろしが実施される模様である。

 

全国の童貞はこの法案に概ね歓迎する一方、法案に反発する一部童貞原理主義者らによる国会前でのオナニーストライキ(オナスト)が行われ、約3万人(主催者発表)が周辺を埋め尽くした。
144097139565_20150831

「童貞禁止法案」の骨子

少子化対策実施法案(童貞禁止法案)の基本的な骨子が公表され内容は以下の通りである。

  • 日本国籍を有する満25歳以上の男性の性行為の義務化
  • 本人の申告とAIとビッグデータを活用し「童貞」「非童貞」に分類される
  • それら「童貞」「非童貞」はマイナンバー制度で管理される
  • 25歳以上の童貞は女子筆下ろし隊により強制筆下ろしが実施される
  • 性行為により童貞放棄を地元自治体への報告義務
  • 違反すれば10年以下の懲役または1000万円以下の罰金
  • 内閣府の外局として童貞取締委員会(童取会)を設置

童貞禁止法案の必要性

日本の合計特殊出生率は2017年1.43と2年連続で低下し、人口は2055年には1億人を割り込み、2065年には8808万人となり、そのうち38.4%が65歳以上、75歳以上は25.5%に達すると見込まれている。

人口減少は国力の低下、国家の活力を失い、国民生活や経済活動にも多大な悪影響を与える。

2015年の生涯未婚率(※50歳の時点で一度も結婚していない人の割合)は男性は23.37%、女性で14.06%、1950年の生涯未婚率1.5%から急激に上昇している。

日本の生涯未婚率の推移
n1020740

この傾向が続くと2035年には男性の30%近くが生涯未婚という予測もあり、今アラサーと呼ばれている30歳前後の男性の3割は結婚せずに人生を終えていくことになる。

その中で日本男性の25~29歳の童貞率は31%、30~34歳の童貞率は25%となり、政府はこの童貞率の高さが少子高齢化の主たる原因とみて、これから結婚適齢期に入る25歳時点で童貞の場合、強制的に筆下ろしさせることに至った。

童貞取締委員会とは?

s_rf12889304_pilgrimego120300033

↑※女子筆下ろし隊のイメージ。童貞の抵抗も想定し性欲旺盛な肉食系女子を中心に構成される。

童貞取締委員会(童取会)とは25歳以上の童貞を包括的に管理・執行する組織として最高意思決定機関に童貞取締最高委員会とその下部組織として実際に筆下ろしを実行する実力部隊女子筆下ろし隊の2つに分かれる。

 

最高機関として童貞取締最高委員会は委員長を含む委員5人を国会の了承を得て任命し、任期は5年とする。

この童貞取締委員会は公正取引委員会や国家公安委員会などと同様、国家行政組織法に基づく独立機関で内閣府の外局として設置する。

下部組織である女子筆下ろし隊とは満20~30歳までの容姿美麗な女性を全国自治体から選抜し、強制的に童貞に対して筆下ろしをする実力部隊である。

童貞原理主義者による反発の声

女子筆下ろし隊は早くとも年内にも繁殖能力の高い25歳に近い童貞を中心に強制執行する予定であり、1年以内に20代の童貞全てに筆下ろし、引き続き30代40代50代の中年童貞へ範囲を広げ、政府は2年以内に国内にいる25歳以上全ての童貞に筆下ろしを実行する目標を掲げている。

全国の童貞はこの法案に概ね歓迎する一方、一部市民団体や国際機関からは中世の魔女狩りならぬ「現代の童貞狩り」だとという声を上がっている。

 

さらに法案に反発する一部童貞によるオナニーストライキ(オナスト)を国会前実施するなど波紋が広がっているが、女子筆下ろし隊による肉弾戦により相次いで離脱者が続出している模様。

さらに30歳まで童貞を貫き通したら魔法使いに慣れるという極端な思想に染まった童貞原理主義者たちが一部でテロ活動をするなど、政府与党内では女子筆下ろし隊に武力権を与える改正案の話も早くも出ている。

こんな未来が来る前にさっさと童貞は自発的に卒業することに越したことないです。

 

コメント