【簡単】どんなコンプレックス持ちでも童貞卒業は可能【自意識過剰】

shutterstock_141318196-689x460 ヴィジュアル&メンタル

どうもカズンドです。

皆さんコンプレックスの1つや2つ持っていますよね?

私の場合下からいきますと「下半身デブ、手足が短い、顔がデカい」その中でも一番気にしているのが歯並びの悪さです。

 

私は30歳まで現役バリバリの童貞でした、その童貞の原因を無理くり「歯並びが悪い」をはじめとするコンプレックスと関連付けていました。

何度も歯列矯正しようかどうか迷いましたが、結局悩んだ末今でもやっていません。

なぜ歯列矯正をしなかったのか?

別にそんなことしなくても普通に童貞を卒業できたからです。

コンプレックス持ちでも童貞を卒業できた理由

kanojyoinai2

ハッキリ言ってコンプレックスを無くすのは無理です、だから最初からコンプレックスを受け入れた方が前に進めます。

  1. コンプレックスを持たない人はいない
  2. コンプレックスを1番気にしているのは自分
  3. コンプレックスをガン無視すれば無敵

トータルでいいますとコンプレックスを気にし過ぎている人はコンプレックスをラスボス扱いしているんです。

 

こんなの雑魚キャラ扱いすれば問題ありません、自分が童貞なのは「コンプレックスのせい」と決め付けているからいつまで経ってもコンプレックスの呪縛から解放されないのです。

なのでコンプレックスをガン無視すればいいだけだと思います、ただそう簡単にはいきませんよね。

①コンプレックスを持たない人はいない

そもそもコンプレックスを持たない人なんてこの世にいません。

福山雅治であろうと北川景子であろうと必ず何かしらのコンプレックスを持っているはずです。

コンプレックスは体の一部なんです、1つ無くしても次のコンプレックスがまた出てきます。

コンプレックスは無限増殖する

例えばデブというコンプレックスを運動して解消させたとしても、また次のコンプレックスが生まれてきます。

今までデブという大きなコンプレックスに隠されてきた小さなコンプレックスが表面化して今度はそのコンプレックスを気にし始めます。

 

なので最初からコンプレックスを受け入れた方が消耗は少ないです。

受け入れるといっても簡単ではないです、ただ一つ言えることはコンプレックスそのものを1番気にしているのは自分自身ということです。

②コンプレックスを1番気にしているのは自分

他人のコンプレックスを聞くと「えっ?そんなことで??」ということがよくあります。

人って自分がどう見られているのかは気になりますけど、意外と人は他人のことなんて気にしていないものなんです。

人のコンプレックスなんてその程度のものなんですよ。

 

人によったら人生の途中で「あれ?別にこんな悩み大したことなくねぇ?」って勝手に気が付く人もいるでしょう。

そう、意外と大したことないんです。

自分に向かって「どんだけ自意識過剰やねん!」とツッコミを入れて下さい。

③コンプレックスをガン無視すれば無敵

コンプレックスをガン無視すれば無敵です。最強です。

ただ「コンプレックスをガン無視すれば無敵」と口では簡単に言えますが、どうしても意識してしまいますよね。

コンプレックスをガン無視=積極的に行動するということです。

ただどうすればコンプレックスをガン無視できるのか?

それは成功体験を積むことです。

 

要は積極的に行動することによってコンプレックスがありながらも成功体験を積むことができます。

成功体験を積むとコンプレックスなんて小さなものにできます。

ではどうやって成功体験を積むことができるのか?

コンプレックスをガン無視する方法

コンプレックスをガン無視する方法はコンプレックスを持ったまま成功体験を積むことです。

そうすれば、

ワイ
ワイ

別にコンプレックスがあっても全然イケるやん

となるのでいかに女性とたくさん会って「コンプレックスがどうでも良くなる」かが大事です。

成功体験を積む方法

成功体験を積む方法はシンプルにいうと女性とたくさん会うことです。

要は女慣れです、もちろん最初はぎこちないかもしれません、ただ何度も何度も女性と会って話をすると段々平気になってきます。

これができるかできないかで大きく変わります。

成功体験を積む方法を手っ取り早い順で3つ選んでみました。

  1. ナンパ
  2. ガールズバー
  3. マッチングアプリ

まずはナンパからみてみましょう。

1.ナンパ

正直にいいます、渋谷でも新宿でも難波でも天神でもどこでもいいので今住んでる都道府県にある1番大きな繁華街で三日三晩100人以上の女性をナンパすれば、どんな童貞でも9割5分3日のうちに童貞を卒業できます。

途中からコンプレックスもクソあるか!とふっ切れたら最強です。

場数を踏めば徐々に慣れてきて会話が続くようになりご飯にも行けて連絡先も交換でき、そしてホテルに誘うこともできます。

 

場数を踏めば誰だって慣れてくるもんなんです、ただ慣れる前に精神と体力をすり減らして脱落する男性も多いと思います。

それなら少しお金を払ってガールズバーで慣れていくのもアリです。

2.ガールズバー

次はガールズバーです、キャバクラほどケバさも無く意外とキャバ嬢よりもガールズバーの女の子の方がガードは緩いこともあって成功体験を積む方法としては比較的簡単な方法です。

それにお金を払った対価としてどんな非モテブサメン童貞でもお客様として扱ってくれます。

ガールズバーに行ってお酒の力を借りつつ、1~2時間女の子とお喋りすると少しずつですが成功体験を積むことができます。

ただ童貞がいきなりガールズバーに行くもの相当な勇気が要ります、ガールズバーでハードルが高いと感じればマッチングアプリを使った出会いです。

3.マッチングアプリ

そもそもマッチングアプリとはなんぞや??

マッチングアプリとはインターネット上で男女が出会うサービスのことで大手のサイトだけで数十社あります。

目的別で使い分けることによって簡単に女慣れすることもできます。

エッチな出会いをしたい下心のある男性向け
PCMAX(ピーシーマックス)

真面目に恋活・婚活したい男性向け
【Pairs】ペアーズ

すれ違いを恋のきっかけにするアプリ
CROSS ME(クロスミー)

この中でエロ向けのマッチングアプリPCMAX-ピーシーマックス-(R18)を使います。

マッチングアプリに登録している女性自体は出会いを求めている女性なので童貞でも比較的簡単に出会える方法です。

 

このマッチングアプリで女性と会う回数を増やしていけば徐々に成功体験を積むことができます。

ただここで「コンプレックスがあるから女性と会うのが嫌だ」「傷付くのが嫌」というのはぶっちゃけ言い訳です。

コンプレックスを無くすのも成功体験を積むのも、とにかく慣れる事です、慣れる=場数を踏むことです。

とりあえず100日計画でやってみて下さい⇒【100日版】25歳からの童貞卒業計画。童貞は100日で卒業できる

人生80年以上、3万日あるといわれています、その3万日の中の100日くらい本気で取り組みましょう。

自分が童貞だというコンプレックス

色々とコンプレックスはありますが、年を取るにつれ大きくなるコンプレックスがあります。

それは、

童貞というコンプレックス

40歳50歳となって巨大化するコンプレックスは自分が童貞だというコンプレックスです。

これは逃れようがありません、だからこそ早いうちに女性と1回エッチをしてその呪縛から解放されましょう。

 

私もそうでしたが大概の男性はほとんど行動もしないで「童貞」というコンプレックスを抱えたまま年を取ることが多いです。

先ほど紹介したナンパ・ガールズバー・マッチングアプリ、どれでもいいのでまず行動しましょう。

話はそれからです。

コメント